オンラインカジノ 税金

オンラインカジノ 税金逃れ 節税方法

一時所得となり納税義務が発生する、オンラインカジノでの儲け。

ギャンブルで勝った儲けなのに、税金を払うなんてなんか納得いかない。
税金なんて払わなくていいや。

と思うかもしれませんが、
オンカジで稼いだ収益は隠すことができず、脱税はバレてしまいます。

オンラインカジノ 税金逃れ 節税方法

オンラインカジノで稼いだ収益は自分のオンカジサイトのアカウントに残りますし、出金する際には銀行口座の入出金記録に全て残ります。

日本国内の銀行口座に残った入出金記録は税務調査で簡単に把握されてしまうため、何も考えずにオンカジでの勝利金を出金してしまうと税金逃れはできません。

というのも、
オンカジでは出金前に本人確認が必要であり、ほとんどが同名義の銀行口座に出金というシステムとなっているため税金逃れをしようとしても税務署にバレるんです。

でも逆に、

  • 日本国内の自分の銀行への出金額を年間50万円(または90万円)までにする
  • カジノゲームの勝利金をエコペイズなどの電子決済サービスに貯めておく

というような方法をとれば、
オンカジでも税金逃れというか節税をすることができます。

オンラインカジノの節税方法は電子決済サービスを上手に使うこと

オンラインカジノサイトから、オンカジの勝利金を自分の手元に現金として出金するためには、

オンラインカジノサイト → エコペイズなどの海外の電子決済サービス → 日本国内の自分の銀行口座

という流れでお金を出金することになります。

この中で税務署の税務調査の調査対象となるのは、特定の個人に紐づけることができる金融機関の口座、すなわち日本国内の自分の銀行口座だけです。

つまり、オンラインカジノサイト上でカジノゲームの勝利金を手に入れても、海外の電子決済サービスにその勝利金を動かしても、税務署にはわからないということ。

オンラインカジノの節税方法は電子決済サービスを上手に使うことです。

国内銀行への出金額を年間50万円(または90万円)までにする理由は、一時所得の課税対象が年間50万円(または90万円)以上だからです。

オンラインカジノ 税金 発生タイミング

パチンコ、パチスロ、競馬などが何も考えなくても税金逃れできるわけ

公営競技(競馬、競輪、オートレース、ボートレース)の払戻金については、一時所得として確定申告が必要となる場合があります。

と、国税庁のホームページにも案内があり、本来は納税の義務が発生するものです。

国税庁のホームページ

でも、少なくとも自分の身の回りで、公営ギャンブルで勝ったからといって納税している人はいません。

パチンコ、パチスロ、競馬などが何も考えなくても税金逃れできるわけは、
公営ギャンブルは勝利金が直接現金で支払われており、その人がギャンブルでいくら儲かっているのか税務署にバレないからです。

パチンコ、パチスロは、一応、公営ギャンブルではないですが、3店方式のシステムがお金の流れを把握できないようにしているので、公営ギャンブルと同じく税金逃れできてしまいます。

オンラインカジノ 税金逃れ 節税方法 まとめ

オンラインカジノでの儲けは、オンラインカジノサイトや海外の電子決済サービスに預けたままにすれば脱税疑惑も何も生まれず、税金逃れしておくことができます。

もちろんずっと勝利金を預け続けるわけにはいきませんが、出金額や出金するタイミングに気をつければ節税することも可能です。

無駄に脱税疑惑をかけられないためにも、オンカジで勝った際には電子決済サービスを上手に使うようにするのがおすすめです。

-オンラインカジノ 税金
-, ,

Copyright© オンラインカジノ 遊び方 始め方 , 2022 All Rights Reserved.